Happiness of woman

アラサー子なし専業主婦の幸せな世界。

Take the golden mean

こんばんは(゚∀゚)



5月も後半。  


夏のような暑さが続いていますねアセアセ


今日は、夫が仕事用の事務所を持つことになったので、


引っ越しとかお部屋作りのお手伝いキラキラ



めずらしくダイレクトに他人を手伝います口笛



{358FB12A-73F4-4DBE-B0FB-8F4F3743413A}
まったく関係ないけど、
可愛い龍の雛を飼うことにしました♡笑笑



というか、


実は5月から、わたしのお小遣い(お給料)が


以前より倍以上にUPしたんですよチューリップ


非常に嬉しいことです(о´∀`о)


で、


重要なのはここからなんですが。



5月も終わりに近づきまして、



なんと。



倍以上になったお小遣いが…



次のお小遣いがくるまでに…



なくなりそうっ!!(((o(*゚▽゚*)o)))



まぁ、なくなったら
 


夫に言えばいいんだけど。


なんか、その展開に釈然としなくて。


わたし、考えました( ̄^ ̄)ゞ



そもそも。



『 足りない 』という状況になることが



おかしいと、わたしは思うのです。



お金が足りないとか、


うまく回っていないとか、


嫌な雰囲気になっているときは、


『 収入 』側ではなく、


『 支出 』側に何かしらあるってことです。


ほぼ間違いなく。


『 入り』側ではなく、


『 出す 』側に。


『 稼ぐ 』『 貰う 』側ではなく、


『 使う 』 『 支払う 』『 あげる 』側に。


そんでもって、


お金の側面にある〝何かしら〟は、


必ず別の根底に繋がっています。



これをベースにしたら。


「 わたし、本当にお金大切にしてたかな?」


と思ったんです。


今月はちょっと大きめの支払いがあって、


それに関しては、ちゃんと向き合ってました。


問題だったのは、小さい額。


まず、「 あれ?!足りなくない?!」


ってなったときに思ったのは、


「 何に使ったんだっけ??」てこと。


大きい額のものはすぐ思い出せる。


あぁ、あれに使ったよね。


あんな気持ちでお金払ったんだよね。


うんうん、って。


でも、それ以外の小さい金額の使ったときのこと、


気持ちが思い出せない!


洗剤ひとつでも、野菜ひとつでも、


コーヒー1杯でも真剣になっていたはずが、


使える額が大きくなって、この有様(σ・∀・)σ



そりゃないよ。まじ勘弁ッスよ( ´Д`)y~ 笑笑





って思ったことでしょう。



……誰が??


〝わたし〟が。 〝お金〟たちが。




あぁ、わたし危うかったわぁ。



と4500円入った財布を片手に気が付きました。



お金を何かに使うってことは、


何かにエネルギーを注ぐこと。


自分を表現すること、


人生を費やすこと、


命を懸けること、ですね。



それを改め思い、



お金を何に使ったか分からないなんて、



どうでもいい人生を送ってるんですよ、ワタシ。


日々テキトーなんですよ、


自分に興味がないんですよ、


と主張してるようなもの。



それに気が付いて、残りの4,500円で


約一週間、最高に生きようと思いました。


すると、


本当に〝今〟使いたい対象にだけに的を絞ったら、


案外お金って使う機会がない。



そして、なんだかんだで。



いま、5,000円でフィニッシュしようと


しています。



使ってるのに、なぜか増えた(゚∀゚)


夫からのプチ臨時お小遣い!


どんな状況でも楽しもうとした自分に自信もついたし、


結果、めでたし(*゚∀゚*)


ビジネス、投資と、お金に関する


〝やりたいこと〟が出てきた段階で、


この調整ができてよかった。


孔子の『 中庸 』という言葉が


胸に染みた5月でした(●´ω`●)






by SACHI


広告を非表示にする